フリーランスの減価償却は「少額減価償却資産の特例」

減価償却の分類

一括償却資産10~20万円未満の資産を個別に管理せず3年で一括で償却
少額減価償却資産10万円以上30万円未満の資産を事業年度で全額損金算入。 (中小企業等のみ)
固定資産30万円以上の資産を耐用年数ごとに減価償却。

「少額減価償却資産の特例」を使える期限

令和4年(2022年)3月31日まで。

参考

https://advisors-freee.jp/article/category/cat-big-02/cat-small-04/6458/